五十肩

50歳代によく起こることから、一般的に「いわゆる五十肩」といわれ、医学的には肩 関節周囲炎といいます。文字通り、肩の関節が炎症を起こし、痛んだり、動きが悪くなったりします。肩を動かすと特に痛かったり、動かしにくくなります。日常生活において髪の毛をとく、服の着替えが不自由など腕が上に上がりにくくなるなどの症状がみられます。

Rela接骨院では、動きの悪くなった筋肉の緊張をとるマッサージをしたり、炎症を抑えるためにアキュスコープをしたり、痛みを少なくするようにテーピングを行います。また、肩の関節を構成する筋肉のストレッチや運動療法(アイロン体操、棒体操など)の指導も行います。早期に治療を始める事で痛みも早く治まり、再発も 防止できます。少しでも違和感があれば早 めに相談してください。